結婚「新婚生活の賃貸お部屋探し」~間取りや構造について~

こんにちは、陽子です(*^^*)

今回は結婚が決まってから2人で準備していく中の1つ、「お部屋探し」についてお話していきます。

お部屋探しって楽しいですよね(*´ω`*)
これから2人で住むとなると尚更ワクワクすると思います♡!
私もそうでした。笑

でも家賃や間取りなど、どんなお部屋を選んだらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、賃貸のお部屋探しで気を付けることをご紹介します。

 

 1 間取りについて


基本的に2人以上の入居だと1Rや1Kの間取りのお部屋は申込みできないところがほとんどです。2人暮らしが可能なのは1LDK以上というのが一般的。ちなみに私たち夫婦の住んでいるお部屋は1LDKです。

~ 間取りの種類 ~

■1LDK 広めのリビングと寝室が1部屋ある(図は間取りの例)

■2DK 狭めのダイニングキッチンと2部屋

■2LDK 広めのリビングと2部屋

3DK・3LDKは2DK・2LDKと同じで、さらに1部屋増える形になります。

では、それぞれの間取りについて特徴を見ていきましょう。

 

■【1LDK】家賃は抑えられる!けど収納に困る?

家賃は基本的に(構造・立地・部屋の平米数・築年数)などを考慮して決められています。
ゆえに1LDKは同じ立地の2LDKと比べると平米数が狭いため家賃が安くなります。
しかし1部屋しかないため収納は少ないです。わが家の部屋では備え付けの収納とは別でクローゼットを購入し収納しています。
生活面では1人1部屋ではないため1人の時間が欲しい人には不向きです。

 

■【2DK】結局は1LDKと同じ?

2DKは2部屋ありますが広さでは1LDKと同じです。リビングが広いか、狭くてその分1部屋多いかという違い。
DKのお部屋はリビングとして使用するには狭いです。ダイニングテーブルを置いて丁度いい程度。また、DKのお部屋にはTV線がない物件も多くあるので必然的に2部屋のどちらかはリビング扱いとなります。
メリットとしては1LDK同様家賃が抑えられる点とキッチンとリビングの間に仕切りができることになるので料理の匂いなどが充満しにくいといったことが挙げられます。

 

■【2LDK】ゆったりとした新婚生活

1LDKや2DKに比べ家賃は高くなりますが1人の時間も確保でき、リビングでは2人でゆっくり過ごせます。また、収納もしっかり確保できるのでお部屋も広々使えます。

 

☆間取り選びの時に考えたい将来の事

転勤の可能性が低くずっとそこに住むことになりそうであれば、子供ができた場合のことも考えておいた方が良いかもしれません。赤ちゃんができれば荷物も増えていきますし、2LDKの広さがあった方がゆとりある子育てが出来るかもしれません(*^^*) 家族が増えてから引っ越し!も悪くないですが、新たな契約金や引っ越し代など何十万とかかってくるので、できれば引っ越し回数は少なくしたいですよね。

 

2 構造について


次に建物の構造についててです。

賃貸の構造は[木造・軽量鉄骨造・重量鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄筋鉄骨コンクリート造]のいずれかで建てられています。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

■ 木造

・生活音が響きやすい(構造上コンクリート造の物件より音が響きやすい)
・コンクリート造の物件より低コストで建てられるため家賃が安い
・エレベーターがないなどの理由から管理費(共益費)が安い
・最近は新築や築浅アパートがおしゃれな物件が増えている

音があまり気にならない方には家賃も安くキレイな物件が多いのでオススメ!

 

■ 鉄骨造(軽量鉄骨造・重量鉄骨造)
多少の構造の違いはありますが鉄骨造という面では同じなので一緒にご紹介。

・木造よりは生活音の響きが少ない(木造よりはマシ…といったレベル)
・木造同様家賃が安く管理費も安い

 

■ 鉄筋コンクリート造(鉄筋コンクリート造・鉄筋鉄骨コンクリート造)
多少の構造の違いはありますがコンクリート造という面では同じなので一緒にご紹介。

・1番生活音が聞こえにくい構造
・エレベーターがあり共有スペースも広いことなどから管理費(共益費)が高い

築年数にもよるのでコンクリート造でも音の聞こえ具合は物件によって異なります。
オススメはコンクリート造ですが、家賃を抑えたい方や築浅できれいな部屋に住みたい方は木造や鉄骨造が合っているかなと思います(*^^*)

 

3 その他、気を付ける点


・日当たり
理想は日の当たる時間が長い南向きのバルコニー。東向きは朝日が良く入り、夕方はあまり日が入りません。西向きバルコニーは夏要注意。昼から夕方に日が入るので日当たりは問題ないですが夏は西日がすごく暑いです。チョコレートなどすぐに溶けてふやふやに…。1番良くないのは北向きです。日がほとんど入らず冬は特に洗濯物が乾きません。

・ガスの種類

ガスにはプロパンガス・都市ガスと2種類あります。地域によって価格に差がありますので、安いのはどちらか確認すると良いでしょう。オール電化の物件も光熱費が抑えられてお得です♪

 

その他にもインターネット環境や設備(カウンターキッチン・浴室乾燥機の有無…etc)挙げていくときりがないくらいですが、、、

結局は何を重視するか!!

夫婦で話し合って何件か内見してみるのが良いと思います。
全ての条件がそろう物件ってなかなか無いのが現実です。。

 

私の場合は、生活音に悩まされるのは避けたかったのでコンクリート造の物件。ただ家賃も抑えたかったので築20年ほど経っている物件です。たまたまですが、角部屋で最上階が空いていたので即決!ただガスはプロパンガスで私の地域では高い方です。残念ですがどこかは妥協することになるかなと。

 

参考にしてもられたら幸いです。

 

0