結婚したら「保険の見直し」~保険の窓口へ行きました~

こんにちは、陽子です(*^^*)

結婚すると「保険の見直しをした方が良い」とよく聞きますよね。

もし、万が一のことがあった場合やケガをしたり病気になった場合、お金の心配なんてしてられないけど意外とお金がかかります…
結婚するまでは1人で保険に入っていた。両親が入ってくれていた。若い方は入っていないという方も多いですよね。

人生では何度か「保険を見直すタイミング」があります。

結婚はその1つのタイミングです!

今回は保険の見直しについてお話していきます☆



まず、私達夫婦の保険料の変化を見てください( ゚Д゚)

【保険の見直し前】

夫(24歳) = 約¥8.000円/月

私(25歳)   = 約¥8.000円/月

【保険の見直し後】

夫 = 2.708円/月

私   = 6.399円/月

なんと、2人で半分ほどに減りました!

なぜ私の方が多いのか!?は後程ご説明(*^^*)

 

まず、保険の見直しポイント

「本当に必要な保険にだけ加入して、いらないものは捨てる」これが大事です。

 

保険の見直し前は2人とも1つの保険会社に加入し、医療保険も生命保険も一緒にしていました。
見直し後の保険は夫2つ、私は3つの保険会社に加入しています。

多いとややこしそう、、と思うかもしれませんが大丈夫です!

「保険の窓口」や「保険の見直し本舗」を利用すれば分かりやすくファイリング、何かあったときは代わりに保険会社に連絡もしてくれます。ありがたいですよね(*^^*)♪

 

1 必要な保険は何?

生命保険・医療保険・介護保険など…あなたはどれが必要だと思いますか??

何かあったときのことを思うと、どれも必要に思えますよね。

しかし、入院や手術をしたとしても所得によって一定の金額を越えると医療費控除が受けられる制度があります。

そういった国の制度を知っておくと損せずに必要な保険だけに加入できるはず。

【私たち夫婦が入った保険】

・医療保険+先進医療
入院をしたら1日数千円、手術をした場合には一時金がもらえる。
+高額な先進医療費も保険適応

・三大疾病保険
がん・急性心筋梗塞脳卒中・(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞)のいずれかになったとき一時金がもらえる。

・終身保険(私のみ)
低解約返戻金型終身保険
決められた年齢まで払い終えると次の年から払った保険料以上のお金が返ってくる貯蓄型保険です。老後のお金として貯金のつもりで入りました。

なぜ私のみかというと、2人で入ると毎月の出費が増えるからです。

まだ子供がいないので今は夫に万が一のことがあっても保険金はいらないという考え方。
この先子供ができたら、万が一の時夫の保険金なしでは厳しくなると思うので「第二の保険を見直すタイミング」の時に入ろうと思っています。

2 どこの保険会社にする?

私たちは、保険の窓口の担当さんにいくつか絞ってもらい1番安い保険会社をそれぞれ選びました。

保険会社によって支払われる金額や期間や条件が違うのでその辺りも聞いてみると良いかもしれません。

 

【保険会社を選ぶときに出てくる不安】
保険料は安いけど、この会社つぶれないよね??
保険会社がつぶれてしまうと今まで払ってきた保険料は?これからの保険は?と心配になりますよね。

大丈夫です。「生命保険契約者保護機構」というところが保護してくれます。

ただ、今まで通りの保証が受けられるわけではありません。
保険契約の責任準備金等(生命保険会社が将来の保険金・年金・給付金等の支払いに備えて積み立てているお金)の90%までが補償されます。

100%ではないので破綻しないのが1番ですが、有名な会社だから破綻しないというわけでもないですからね…

3 保険に加入

保険の窓口で手続き。
申告書等を記入したらあとは担当さんが保険会社へ送ってくれます(*^^*)

私たちの加入した保険会社は全てクレジットカードでの支払いがOKだったのでクレジット支払いに。
ポイントが溜まるので嬉しいですよね(*^^*)
ちなみに保険料を年払いにすると月々払うより少し保険料が安くなります!

今現在私は専業主婦なので、私の保険も夫名義にしました。
夫の扶養の私が自分の名前で申込むと年末調整ができないので確定申告をしないといけなくなります。
面倒なので(笑)夫名義にして、ゆくゆく扶養を外れて働くことになれば名義を自分自身に変えようかと思っています。

 

【最後に】
終身保険を陽子にしたのは何故?と思った方もいるのではないでしょうか。

私たちの場合、夫に持病があるため私の方が入れる保険会社が多く、保険料も安いからです。
普段の生活で何ら支障のない持病でも、隠さず入らないと何かあったとき保険が下りないことがあります。
保険料が割増しになる場合や入れない保険会社も増えますが、申告することは大事ですのでご注意ください。

 

 

保険の種類・保険会社はたくさんあるので、自分が入る保険会社を自分で決めるとなると一苦労です( ;∀;)

私たちは「保険の窓口」を利用しましたが、担当さんも感じの良い方で分かりやすく保険の事を教えてくださいました。

なのでプロに相談するのがオススメです☆

見直しの時だけではなく、何かあったときに代わりに保険会社に連絡してくれるというのもメリットだと思います。
いくつかの保険会社に加入していると「この場合どこだっけ?」ってなったりすると思うので。

 

結婚したら「保険を見直すタイミング」です。

何かあったときのためにも、余計な出費を抑えるためにも、早めにいくことをオススメします(*^^*)

 

 

0