結婚したら「確定申告」~自分で前年度の調整を~

こんにちは、陽子です(*^^*)

今回は私のように寿退社した方の「確定申告」の手続きについてお話します!

私は結婚前、会社で平成28年7月~平成29年10月まで仕事をしていました。

10月で退職したため年末調整を受けられていません。

そのため、平成30年2月に確定申告の手続きをしました。

返ってくる金額は人それぞれですが、本来戻ってくるはずのお金なのでしっかり申告手続きをしたいものです。

 

1 確定申告とは


確定申告とは毎年1月1日から12月31日までの1年間で稼いだお金を税務署に報告することで、所得税及び復興特別所得税の金額を決めるためのものです。

結婚しても仕事をそのまま続けている場合は会社が代わりに調整してくれるので手続きの必要はありません。

しかし寿退社した場合は、年末調整をしてもらえないので払いすぎた税金が戻ってくる可能性がありますので、自分で申告する必要があります。

 

2 確定申告の方法


■ネットで手続き
■税務署で手続き

私は税務署で手続きしましたが、ネットで手続きして郵送するという方法もあります。

【手続きに必要な書類】
・源泉徴収票
・返金用の口座が分かる通帳やキャッシュカード(※新姓での口座)
・退職所得の源泉徴収票(退職金がある場合)
・国民健康保険料の納付書(退職後扶養に入るまで支払っている場合)
・生命保険の控除証明書(生命保険に入っている場合)

以上があれば手続きができます(*^^*)

 

3 注意点


結婚すると多くの方が苗字が変わると思います。

確定申告は、新しい苗字での申告となりますので返金用の口座は新しい苗字の口座となります。

 

税務署での手続きは、スタッフの方が一緒に手続きしてくれるので初心者の私には安心でした。
しかし待ち時間は長い時で2時間ほどなのでネットの方が楽かもしれません…
私の場合は運よく30分ほどの待ち時間で対応してもらえました。
都会と田舎で差があるかもしれないですね…私は田舎に住んでるので都会の事情は分かりません(;’∀’)

名前や住所をPCに入力して返金用の口座を入力すれば完了!
とっても簡単でした(^^♪

一度確定申告をすればIDやパスワードが発行されるので、医療費などで今後申告する場合も簡単です。
次に申告するときは陽子もネットで手続きしてみようと思います☆

 

確定申告ってしたことがないと、なんだか難しそう…とか面倒くさそう…ってイメージがありますよね。

少なくとも私はそんなイメージでした(笑)

でも意外と簡単だったので、寿退社された方は是非申告してください(*^^*)

 

 

1+