時間が経った天ぷらをトースターでサクサクに戻す方法☆

こんにちは、陽子です(*^^*)

作りすぎて余ったり、お惣菜で購入した「天ぷら」って、揚げて時間が経っているので「シナシナな状態」ですよね。

本日は「時間が経った天ぷらを、簡単にサクサク元通り」にする方法をご紹介します(=゚ω゚)ノ

 

 

使用するのは「トースター」

【 準備するもの 】
・トースター
・霧吹き(スプレー)
・アルミホイル

1.天ぷらに水を吹きかける

「シナシナな天ぷら」の表裏に、まんべんなく水を吹きかけます。

霧吹きがなければ、水を手で適度にふりかけてもOKです。

クシャクシャっとしたアルミホイルに乗せてトースターへ入れる

手で少し「クシャクシャ」っとしたアルミホイルに乗せて、トースターへ入れてスイッチON☆

3分~5分ほど加熱

わが家は1200Wで2分かからないくらいです。600Wなら3~5分様子を見ながら温めてください(*^^)v

何故、サクサクに戻るのか?

トースターは、天ぷらの外側から熱を加えることで温められます。

温める前に霧吹きをすることで、内側の水分はそのままで、衣の水分が蒸発し、サクサクな天ぷらに戻るということです。

また、アルミホイルをクシャっとすることで、アルミホイルに凸凹ができ、下にも空気が入ることで、両面サクサクに出来上がります。

まとめ

今まで天ぷらは「時間が経つと美味しくないイメージ」でしたが、この方法を聞いてから「復活させたら大丈夫」に変わりました。

手順も簡単なので、是非試してみてください(*^^)v

0