高知県「ゆの森温泉」に宿泊しました!~中津渓谷・雨竜の滝~

あけまして、おめでとうございます🎍

今年もよろしくお願いいたします。

お正月は夫と実家に帰省し、その後高知県の「ゆの森温泉」に泊まりに行きました。

今回は「ゆの森温泉」のレビューを書いていこうと思います

 

 

 ゆの森温泉

所在地 :〒781-1741 高知県吾川郡仁淀川町名野川258−1

電話番号: 0889-36-0680

高知県の「中津渓谷」にある温泉旅館。

日帰り温泉も楽しめる施設

【ご利用時間】
11:00~21:00 (最終入浴20:00)
【料金】
大人650円、小人300円(小人は12歳以下まで。2歳以下は無料)
※桜・紅葉のシーズン、年末年始、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク及び、8月10日~17日は、     大人750円、小人400円とさせていただきます。
◆回数券
大人2,550円、小人1,300円
◆定期券
3ヵ月定期18,000円 6ヵ月定期25,000円
【泉質】
アルカリ性単純硫黄冷鉱泉
鉱泉 18.3度 ph値9.0
【主な効能】
慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ

宿泊は「本館の和室」と「コテージ」のどちらか

私たちは「コテージ」に泊まりました。

私たちが宿泊したのは「お正月」だったため、2人で少し高めの48.000円

プランにもよるけど、和室の方がコテージより数千円~1万円程安いみたい。

平日なら、どちらももっと安いので、検索してみてくださいね(*^^)v

コテージの写真

コテージは3つある

コテージはテラスヒノキ風呂があり、冬はこたつも付いていて贅沢な空間となっていました(*ノωノ)

お部屋も広々としていて、ゆっくり休みを満喫するのに最適。

しかし、ヒノキ風呂は温泉ではないのでご注意を。

温泉に入るときは本館に行かなくてはなりません。

コテージから本館へは外を歩くことになりますが、階段を下りるだけなので、すぐです♪

ちなみに、日帰り温泉は21時までですが、宿泊客は23時まで入れます(=゚ω゚)ノ

コテージの魅力

広い
冬のこたつは最高
テラスも広い、解放感抜群
ヒノキ風呂は洗い場も広くてゆったりできる
1つのコテージを貸切にできるので周りに気を遣わなくて良い
音楽が聴ける(Bluetoothも出来るし、CDも3種類置いてある)

和室を見ていないから比べることはできないけど、やっぱり独立した空間でまったり出来るのは気分最高でした。

音楽を聴いたり、年始のTVを見たりしながら、夫婦2人でお酒を飲んで楽しみました♪

温泉

温泉はお風呂の種類は2種類で屋内風呂」「露天風呂」

あとは、サウナと水風呂があります。

20時くらいに入ると、中には3人くらいですいていました。

温泉はとても気持ち良かったです。

中津渓谷「雨竜の滝」

ゆの森温泉から徒歩20分のところに「雨竜の滝」があります。

もう、これが最高でした!!

滝も素晴らしかったし、滝までの道も楽めます。

まるで「もののけ姫」の世界に入ったかのような大きな岩のある、透き通った水の流れる川。

写真でも川水の綺麗さ、わかりますよね(・´з`・)

自然の力が感じられる素敵な滝でした。

川にも温泉にも癒される素敵な「ゆの森」温泉

また泊まりたいと思います(*^^*)

0